初めての赤羽

 

 

夏の休日、7時半。いつものように物語を理解してないまま

朝ドラをボーっと眺めて、冷めたコーヒーをクイっと流し込む。

 

アプリのログインボーナスだけもらって、9時からはDAWを開く。

今日はジョセリンブラウンのサンプリングでいってみよう。

フィールソーグッドな声量の彼女の声とピアノ、サックスをチョップして並べ替える。

 

夏のお知らせ。

 

ヤベェ、なんかいい感じになってきた。

昼飯も忘れるくらいにどんどん打ち込む。

エレピは人一倍ベロシティ気にしないとダメだな。

ベースもサイドチェーンかけてノリを…とやってる。

 

ああ、とてもいいテンションだ。

昼飯もサッと冷やし中華をとって、いい夏の休日だ。

あれだな。プールでも行くか!!

 

先輩(ニート)を市民プールに誘う。

本当は自分の地元の施設行こうと思ったのだが、

なんやかんやで赤羽に行くことになった。

電車を乗り継いで35分。ゴーグルとキャップとバスタオルをカバンにしたためて

赤羽に向かう俺、もう直ぐ25歳。

 

赤羽の市民プールはなかなか珍しく、ウォータースライダーと

流れるプールが存在する。500円で2時間。うん、この値段設定がたまらない。

 

駅前で買ったおニューの水着に着替えて、早速流れるプールにつかる。

優しい水温が心地よい。久しぶりに水中に顔を沈めると

思ったより鼻に水が入ってくる。数年ぶりの水中の感覚。

はしゃぐ小学生に混ざりながら、「どういう風に泳いでたっけな」と考える。

 

流れるプールの内側にある25メートルプールでいよいよ泳ぐ。

まずは平泳ぎ、クロール、適当なところで顔を上げて息を吸う。

肩を回して水を掻き出す。

 

何これ、めっちゃ疲れんねんけど。

思わず関西弁。

自慢できるほどじゃないけど、4年くらいスイミングスクールに通っていたので

泳ぎは一通りできるし、クラスも一応一番上のところまで行って

100メートル個人メドレーもやったりしていた。タイムは普通だったけど。

「毎週アホみたいに泳がせやがって、これ一体何キロやらされとんねん」と思って

ひっそり1人で数えたら1キロ泳いでることがわかって、数えたことを後悔した。

 

そんな思い出が美化されて「まぁ1キロは泳ぎたいッスよね」なんて

大口叩いていた私は、50メートル泳いだ時点で

「これ、1キロ無理ッスね。」と思いをすり替えていた。

お腹のぜい肉を見れば、自分が諦めを覚えた大人になっていたことは一目瞭然だった。

 

言い訳の語彙ばかり増えて、適当に立ち振舞って、

そんなん、男の子じゃないやん!!!やれ!!俺!!!

俺は遮二無二500メートル泳いだ。

窓から差し込む西日で水面がオレンジ色にキラキラ光っている。時計は18時。

もうビールが飲みたくてたまらなかったので、出た。

 

 

 

赤羽は言わずと知れた飲屋街。駅前の商店街をくぐれば、一気にモードは変わってくる。

大量の酒場がひしめきあい、客を取り合っている。

外のテーブルではサラリーマンたちが騒いだり、ヤニ吸ったり、でかいジョッキの酒をあおっている。

言うなればこの飲屋街は、プールに入る前に強制的に浸かるシャワーや塩素水に似ている。

埼玉の家に帰る前に愚痴や不満はここで落としていこう。みたいな。

歌舞伎町や渋谷の繁華街とは全く違う雰囲気。余計な要素がない。

はは〜ん…これが北区か!!!と思った。

 

 1軒目は九州料理の居酒屋、陽が落ちてきていたので外のテーブルも気持ちいい。

 ビールを2杯飲んで、馬刺し、鳥刺しを食らう。

 たてがみは赤身と一緒に食べるのか、なるほど。

 

孤独のグルメみたいなブログになってきたな。見たことないけど。

 

2軒目は1軒目で店員に聞いたお勧めの飲みどころへ。

2階のカウンター席で焼酎の水割りとホタルイカを食べる。

お通しはポテトサラダとナッツ。気が利いているじゃあないか。

 

実は、俺は飲む前に先輩にこんなことを言っていた。

「今日はプール行ってメシ食って、まあ軽く飲んで8時半くらいには帰ります。

ほらやっぱり、パーティーってのは酔っ払い過ぎる前に帰るのがベストだかんよ。

物足りないくらいがちょうどいいんだよ。」

 

そして8時半、すっかりテンションが上がった私は

先輩と一緒にガールズバールネス」の扉を開けていた。(バカだから)

 

U字のカウンターに座り、若い女の子が来る。

ここでは書けないくらい年下の女の子がタメ口で話しかけてくる。

なんだここは、年端もいかない娘っ子がこんな酔いどれ相手に

楽しくおしゃべりしてくれるのか?

 

パラダイス

 

純粋にそう思った。その後もコロコロと女の子が変わる。

人気ナンバーワンの子もついてくれた。

酒ヤケ気味の声と高いテンション、服装込みでラフな女の子。

これが赤羽ナンバーワンスタイル、感動。

ウーロンハイをあおって時間を忘れて話していたら、なんと終電の時間だった。

 

俺はさっき8時半がパーティーはどうのこうの言ってなかったっけか?

なぜこんな時間まで埼玉の玄関口の赤羽にいるんだっけ?

慌てて埼京線に乗ろうとするとなんと池袋止まり。

そんな埼京線あるあるに振り回されて御徒町経由でなんとか終電に間に合った。

 

 

そういえばガールズバーのお代、払ってないや。

翌朝、赤羽のおはす北の方角に向かって五体投地

 

 

 

 

右へ、左へ

 

 

 

 

 

Kero One&Azure

 

曲もいいし、お洒落で爽やかなビデオもたまりません。

最後に夕日を背に受けてみんなで踊るのが最高。

ロサンジェルスは天国か何かなのだろうか。

 

 

 

 

 

Neutronのプラグイン買いました。

2万叩いてミキシングとかしなくていい世界へ。

さすがは最新の自動ミキシング。仕事が早くて的確で、

それでいてパソコンへの負荷がすんごい。

 

ここまでくると、もうマスタリングもソフトにお任せしたいところがある。

PCと外付けのハードディスクの中にもう何十万円分の音楽ソフトと

音楽が入ってるかと思うと、怖くて外に持ち出せない。

 

 

 

 

 

 

Chillwave系のミックス聞いてる時に見つけた。

この手のバスドラが完全にイニシアチブを取っている感じ。

「サイドチェーンってのはこうやんだよ。ジャップわかるか?」

と言われているようだ。

バスの鳴っていないゆったりとした時間も気持ちいい。

 

サンクラから見ると「#DayTime Disco」とタグ付けされている。

なるほど。確かに夜のクラブよりは、夕暮れの浜辺で聞きたい曲である。

オレンジ色の浜、青いカクテル、タイトなジーンズ、響くバスドラム

俺はまたも夕日を背に踊りたい。

 

 

 

 

 

ズルい女


シャ乱Q  ズルい女

 

 

 

 

 

友達とこれから行くメシ屋を決める時に

「寿司」を出すのは野暮みたいな話になった。

「それはさ、ズリィんだよ。だって美味いんだもん。寿司」

 

「やっぱみんなそうなん?」って思った。

寿司という選択肢が浮かんだ時点でもう気分は寿司なのである。

それはあれかね。夏っぽい曲探してる時に

サマージャム'95」出しちゃうくらいズルいもん?

 


サマージャム'95 / スチャダラパー

 

 

 

 

あと1万回聞いても「このボビーハッチャーソンのサンプリングはセンスの塊やな」と思う。

充実した夏休みを過ごしたいのであればサマージャムはできれば聞かない方がいい。

チル過ぎてマジでだらしない休日になっちゃうからだ。夏のせいにして。

 

 

 

 

https://www.instagram.com/p/BWe65UlFPhy/

池袋

 

ほうらごらんなさい。これがやることなくて

夕方から池袋の激安居酒屋「大都会」で唐揚げとレモンサワーをってる男よ?

 

やることなさすぎて池袋で働いてる友達の店に行くも

忙しそうだったから差し入れのグミ自分で食べちゃう休日よ?

予定もないのに朝ドラの時間には起きて、コーヒー飲んだら掃除機かけて、

アニメ1クール見ながら淡々とトラックにEQとコンプかけて、ネットで音源漁って

そば茹でて、すすって、んで寝て起きて、まだ2時。ツイッターで暇人漁ってすぐ池袋に集まるみたいな。

 

 

 

 

 

暑さのせいにしてダラけっぷり。Tシャツにスシローの醤油引っ掛けて家帰る。

 

 
本当は今日はKarriem Rigginsのアルバムのヤバさについて
書こうと思ったけどもう眠いからやーめた。
 

 

東南西北

 

 

 

 

 

はい!タメンチャーン!!

麻雀好きアニメ好きなのに咲を見ていなかった私、

ここ最近の連敗の原因を探るべく見ていますが、

エンディングのテンションで生気吸われてます。

(釘宮さんの声、独特過ぎてシンセサイズしたい)

 

 

 

先日はひどかった。深夜3時くらいまでほぼ4着。

後半なんとか微マイナスまで持ち直すもチップが惨敗。(マイナス30枚くらい)

 

 

 

 

いつも行く雀荘、朝方になるとサービスでコーヒー出してくれるんだけど

このコーヒーが死ぬほど不味いんだ。豆くさい感じな上に、薄い。

何十回も飲んでると「これこれ、この味!!」と逆に興奮してくる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そういえばVaporWaveのガイドブック、BandCamp上で完売らしいですね。

明日新宿で漁りに行かなきゃ。

 

 

 

 

 

夏の暑い夜向け

 

 

 

 

夏の暑さで目が覚めることが多い。

昔はエアコンの設定を極寒にして寝てたんだけど、

最近はそれも体がしんどくなってきた。

 

27度くらいにしてタイマーにすると

切れた時間に地味な汗をかいて目が覚める。

時計を見たら5時。ラジオ体操のホストも務まりそうなこの時間。

このベトベトした夏の感じが好きではないけれど、空気感が癖になる。

もうCMとかで流れてる夏は爽やかという印象は、いざ夏になると

「もう!あれ嘘じゃん!シーブリーズとかのやつじゃないじゃん!」

ってなる。生きた年数分そうなってる。

 

 

 

 


「つやのよる」予告動画

 

「つやのよる」見ると

うわーこれこれ、このベトベト感だわーと思う。

 

 


クレイジーケンバンド - ま、いいや(Short ver.)

 

 

このイントロ、ベリー最高過ぎるから今度サンプリングしよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

The 3名様」で「冷房込みで夏なのよ」みたいなセリフがあったけど

個人的にはこの嫌気がさす湿気込みで夏だと思う。

 

 

 

 

 

新しいアルバムの名前は「ルネス」にしようか

 

 

 

ついにDAW内で曲を組み立てるようになりました。

SP内で完結させるの好きだったんですけど。 

 

 

 

DAWでやるのは1年前に作ったこれ以来です。

「Summer Time Lovers」

 

改めて聞くとヘボいけど、このヘボさが

妙な懐かしさを掻立てる。

イオンとか、スーパーで流れてるニュアンスを

出したくて、金沢でRollandのSCとか買ったんだけど、

結局使わなかったんだよな〜。

 

金沢、そう、この曲を聞いて痛烈に思い出すのは

金沢の大型プール施設「ルネス」だった。

小さい頃、帰省しては連れてってもらった。

従姉妹、祖母、母、姉、叔母、叔父なんかと一緒に

流れるプールを好きなだけ流れた後、

大きな食堂でラーメンを食べて、ゲームセンターで

ジュラシックパークをやったあの思い出。

あの頃の足元のマットの色味を永遠に忘れない。

 

 

 

 

 

 

そしてこの夏、あの頃の皆の思い出を代弁してくれるかのようなアルバム

パソコン音楽クラブの「SHE IS A」がリリースされていた。

脳内がタイムスリップする音達。リバーブたっぷりめ。

 

今年の夏も、精一杯脳みそ溶けていきたい。

 

 

 

 

 ヒップホップ界で重宝されている千と千尋の神隠しサントラ。

jinsangもしっかり泣ける仕上がり。

 

久石譲さんもこんなんなってるとは思うまい。

 

 

 

 

こんなものもあるんですね。Lo-Fiヒップホップジブリ縛り。

「お前のブログ軽〜く見てるけど、なんかよくわかんないわ」と思ってる方、

その気持ちはわかる。ここから始めてみよう。

 

 

さあ、心地よいインターネットインストゥルメンタルヒップホップ

(サンプリングミュージック)の世界へ。

ヒップホップの事はそんなに詳しくはわかりません。

 

顔を胸を交互に前に出す感じで、ゆっくりリラックスして、さんはい!!

 

 

 

7/3チェック事項

 

 

 

 

 

タイムラインを川に見立てて、みたいな話を前にした気がする。

Facebookの川がやばい。無色透明で逆に。

全員でありきたりっぽい投稿をして、ニュース記事をシェアして

(しかも半分くらいはあれスパムで自動でやられてるんでしょ)

薬品をぶっ込みまくって超安全な水になりましたよ?的な感じだ。

ツイッターは源泉かけ流し感がまだある。飲んだらお腹を壊すかもしれないけれど。

 

情報過多だからこそ、得る場所はしっかり絞っていきたい。

NAVERまとめの健康関連とか本当にやばいよ。鵜呑みにしてしまうね。

 

 

 

 

 

(今の話と何にも関係ないけど 

あかり大好きbotのバグりっぷりはえぐい)

 

 

 

 

【そんなわけで最近仕入れた美味しいネタ(鮮度)】

 

フリクリ新作

 

 

 楽しみ。テンションあのままだといいなあ。

 

 

 

 

ポールスミス新作

 

 

ポールスミスの2018SSはクレイジーが仕上がり。

ネタ画像かと思った。5年後にはそうなってるだろう。

 

俺がもし、お金持ちで、お金持ちの友達がたくさんいたら

「誕生日おめでとう。お前これ好きそうだからはいこれプレゼント」

って言われてこのポールスミスを渡されそう。

 

「外国人の日本語フォントへの理解のなさ」 

ってなイノセントな印象がいい。ぐっとくる。

純粋な女の子を求めてしまう男心とよく似ている。

(もう実在しないらしい)

なんだかんだリアルに儲かってるのは

それを「私には真似できないわ〜女子力ないわ〜」と麦芽を流し込む

サバサバ女子なのだろう。これを裏☆女子力と名付けたい。

 

 

③ネット音楽大好き野郎共マストバイな一冊

 

 

ヴェイパーウェイブガイドブックが発売される。

実店舗はディスクユニオンと中野のZINEのお店?かな?

 

④_yi新アルバム

 

 

ぶっちぎりのセンスの_yiさんの新アルバムが5日に発売。

トレーラー聞いたけど、ブレてなさそうでした。 

 

 

【最近見つけたいいホームページ】

 

Dawn Of Man

 

Phony pplのMVを撮った団体?

ホームページ読んだけど英語だからよくわかんない。でもクール。

コンテンツ作る会社?なのかな。

 

ページ上部で陽気に動くキャラクターが最&高。

見てて楽しいホームページ。

 

 

②神聖な通販サイト 

 

hao333.theshop.jp

 

コンセプトが最高。

集めたくなる気持ち超わかる。

世界中から集めてきた光るものや音の出るものを
中心に販売しています。
ブッダマシーン(自動念仏機)やポンチャックマシーンの通販ならお任せください! 

 

ホームページのAboutより抜粋

自動念仏機ってあんなミニマムなんですね。

寸法見る限り防犯ベルくらいだと思う。

この手のもので韓国のポンチャックが大量に収録されてる

マシーンなんかもあるそうです。用途限られまくり。

 


李博士 ポンチャックディスコ

 

カセット、レコードとかよりも入りやすい音楽の世界。

(通販で売ってるのは念仏だけど)

買って電池入れれば聞ける。永遠に。

 

今、好きなアーティストの新曲のリリースが

この形式だったら、4000円までなら買ってしまう。