上野ハードオフ

 

 

待ちに待った上野ハードオフ

正直都心部だったら店舗面積そんなないから

見応えないだろうとタカをくくっていましたが、

実際行ってみると5階建てでなかなかの品揃えでした。

 

ジャンクコーナーは一見の価値あり。

ジャンクレコードもかなりあります。

プラケース12個分くらいはあります。

品揃え悪いところだと大きいお店でも2ケースだったりするので

12ケースはかなり多い方かと思います。

 

ただ、いつものごとく状態は悪いどころか、

「中身が違う」「そもそも中身が入ってない」こともありますので、

まず選び終えたら1枚1枚検品がベターです。

ジャンクコーナーにおいては、検品はスタッフではなく客の仕事です。

 

Reflections

Reflections

 

 

どのケースにも寺尾聡のReflectionsが1枚は入ってます。

デュエルマスターズでブースターパック買った時に、

いつも入ってる凶戦士ブレイズクローを思い出します。

 

 

 

 

 

 

 

今回のあたりはFreedomの「Get Up&Dance」

Netflixのゲットダウンブラザーズのバトルシーンで

流れていた曲の元ネタです。もちろん108円。

 

 

Vaporwaveにハマったせいなのか、

45回転のディスコを買うと、必ず33回転でピッチ落として聞いてしまいます。

そもそもBPM110とかは相当テンション上がってないとあんまり聴かない。

これは基本が108くらいで33回転だと87くらいになる。

 

別にこれは完全に好みの話だし、ゲットダウンが

BPM80〜100のビートばっかだったらしらけるし

ゲットダウンは大好きだし、原曲もすげーいいんだけど、

この落とした時の音がいやらしいから好きなんだと思う。

 

 

いやらしい話続きで悪いんだけれども、

PornHubが洋服通販してるのを知って

スゲェ笑いました。普通に欲しい。オススメです。

 

shop.spreadshirt.com

Pornhub

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、明日はいよいよ沙村広明あらゐけいいちの新刊発売だ。

連載中のマンガで好きマンガ上位に入る2作品が一気に出るというから

テンションが今から上がっている。

そういえば去年「波よ聞いてくれ」を買うときは

24時間営業の本屋に電話して

「新刊の納品というか、店頭に出るのは何時ですか?」と尋ねて

朝イチで買いに行ったなあ。あの日の俺はアマゾンプライムより速かった。

 

 

 

manato-kumagai.hatenablog.jp

 

このハンターハンターの新刊を待ちわびすぎて

色々と見失ってる方のブログすげぇ面白かった。

 

 

 

 

シンクロボディー


入江陽 - 教えて(Official Music Video)from Album「FISH」

 

 

 

入江陽のアルバム、明日発売です。

新宿で岩盤浴して、ローリュウで滝汗流した後に

スタイリッシュなカーブを描いたソファで入江陽聞けば

脳みそとろけるホリデーでした。

「仕事」がかなり名盤だったので、今回はどうするか迷い中ですが、

ジャケがマジで好み。

 

  

 

 

 

クライオのプレイリストにあって

「マジで最高だな」と思い続けて数年。

ようやく出どころがわかりました。

フィリピンのビートメーカーでした。

このサイドチェインが戻ってくる感覚が病み付き系。

あくまで主役はドラムと言い張るかのようなこの主張が好きです。

 

 

 

 

あと、私事なんですけど新曲ができました。

「シンクロボディー」は語感です。

こういう、意味はないけど語感が良いワードは

常にストックしてます。コンドームとか、絆創膏と一緒。

普段使わないかもしれないけど、ないと困るから。

 

 

チルウェイブ、サンプリングミュージック、ファンクとか、

ポップスとか、そのへんのことをこの1曲でまとめて出来た気がするので

個人的にはそれなりに満足してます。

本当はアルバム作ろうと思ったんだけど、

トラックに統一感ないので迷ってます。

 

 

 

あとマスタリングもまだ模索中なので、

完成したトラックがいちいち音質違うのは

「不揃いトマト」みたいで嫌だよね。

 

 

 

そういえば先日DJした時に、余ったトマト缶を

泥酔したレジデントが俺のリュックに詰めてたことに帰宅してから気づいて

「あ!あのヤローやってくれたぜ!見てろよ?」と俺は奮いたち数週間後、

長野県にキャンプをしに行って、華麗にトマトソース作ってフランスパンに塗りたくって

食らってやったのさ。

 

 

 

 

 

燃えるアルバム

 

 

MODERN TIMES

MODERN TIMES

 

 

 PUNPEEのアルバム、ようやく出ますね。

何年待ったことか!!!

このピカピカのセンスが1枚に集約されたディスクがくるのを!!

 

 

 

 

Space Brothers [国内盤CD] (JSPCDK1037)

Space Brothers [国内盤CD] (JSPCDK1037)

 

 

 先日書いたけど、MAHBIEのアルバムはマジで最高でした。

銀河スケールの音の旅、深淵を覗くとめっちゃ深ぇ。

悩ましいくらい深層に染み込んでくるサンプルとドラムに

私はたまらずベイプを強く吸い込んだ。

映画を1本見終えたような余韻。最後のトラックYoakeが特に最高。

ビートメーカー必聴の貴重な1枚だと思います。

 

 

 

セロニアスモンクのトリビュートアルバム、

なぜ日本から出すのかわからないけれど、

ちょっとこれも気になる内容です。

 

 


Thelonious Monk - Everything Happens to Me

 

 

 

 

 

 昔iMPCでサンプリングしてトラック作ったなあ。

なんか仕上がりよくわかんないけど、個人的に思い入れのあるトラックです。

 

 

 

 

 

 

 

あと水曜から渋谷のディスクユニオンHMVか、忘れたけど

Future Funkのマクロス82-99とNight Tempoのカセットが数量限定で並ぶらしいです。

  

 

 

これ欲しさに明日渋谷行くまであるけど、

俺のカセットプレーヤー、

巻き戻しができなくなる

という珍妙な症状に悩まされているからなあ。

 

 

 

 

 

コインランドリーの夢

 

 

コインランドリーってみんなにとって何なんだろうか。

何か大切な想いがあったりするのか。利用したことが1回しかないので

あまり気持ちがわからないけれど、フォルムのスマートさが

綺麗なのは何となくわかる。おしゃれではないけれど。

でもあのフォルムと、日常生活との間の染み込みっぷりが

どことなく情緒を感じさせる気持ちがわかる。

 

最近じゃあオシャレなコインランドリーもできたらしく、

中にカフェなんかもあるらしい。そこまでやらんでもええやんと思う。

だって毛玉のついたブラも、ゴムのヨレたパンツも洗うんだから

友達とゆっくりする必要はないわけで、

普段読まない週刊誌と丸椅子だけの殺伐としたあの空間が

コインランドリーの「らしさ」じゃあないんですかね。

 

つまり何が言いたいかというと、

コインランドリーには美しさはあるけれど、

インスタ映え狙いのファッションランドリー使いは

根本がズレてるんじゃない?まずはとにかくユーズじゃない?

ということなんですよ!!そういうことが言いたいわけですよ!!

それしかないんだ僕は!!(サンボマスター風)

 

なんだか熱くなってしまったけど、ぶっちゃけどうでもいいです。

 

 


tofubeats / トーフビーツ -「BABY」

 

 

tofubeatsの「BABY」のRemix版が10月にリリースされるそうです。

案外そういう情報(ネタ)はインスタから流れてくることもある。

 

 

 

 


ポルカドットスティングレイ「テレキャスター・ストライプ」MV

 

 最近めっきり聞かなくなった邦ロックも

たまに見てみると新鮮で面白いです。

開始00秒のイントロが気持ちいい。

monobrightの魂を継いでメガネ&白シャツなのかと思ったけど

別にそういうわけではないことがMVの後半からわかります。

ポルカドットスティングレイ」はたまたまこの前カーステから流れてきて

運転手が「これ椎名林檎に似てない?」と言ったので

「は?似てねぇよ◯◯ぞ!!」と白熱した深夜の車中でした。

 

 

 

高校生の頃、monobrightのコピーやろうとして

スコアを眺めたら、リズム隊の手数がやばくて

尻尾巻いて逃げたことがあったような気がする。

 

 

 

 

 

 

 

これもカーステから流れてきたトラック。

Yojiro NodaがRADWINPSだと気付くのに、それなりに時間がかかった。

SOIL&PIMPSESSIONのグルーヴィーな演奏と相まって

「もはやceroだった。

とかいうとね、また怒られるんですよね。ファンに。

 

 

 

 

 

 

 

PUNPEEプロデュースで終わらないうた(REMIX)がアップされてました。

本当仕上がり最高だし、MVのPUNPEEのヘラヘラしたバーテン姿が

ハマってて超おもしろい。

 

 

 

 

 

 

 

MAHBIE

 

 

 

 

 

衝撃作が降ってきた。

 

岩手のビートレスラーことMABIEと田我流のタッグ。

使用機材がSP404とOP-1ってだいぶやばい。

延々と聞けるメインビートが最高だし、

終盤にかけて畳み掛けるリードメロが宇宙戦争への悲しみを煽る。

 

SP404やOP1のドープな音使いもたまらない。

こうなりたいもんだ。

 

 

 

スタジオ石の映像好きだなー。

 

 

 

8/26セットリスト

 

 

先日のDJのセットリストを載せておきます。

誰のためってか、自分のため。

 

①VS-J718/a.bee

ベースから入る曲やっぱ好きですねー。

 

 

無料音源です。

アルバムの中で一番これがトリップできます。

(This track is the best of travel in this album.)

 

②If you wanna/Josh Grant

SP-404カオスパッドエフェクターを同時に使うプレーヤー。

エフェクトは魔法であり、エフェクターは杖である。

両手に杖持ってる彼はつまりはめっちゃつええ。

 

③Summer's Day/Jinsang

このブログを見続けている変わっている方はご存知、

かっこよすぎるサンプリングミュージックをインターネットにばら撒く

Jinsangの兄貴の新曲。

ソースは「千と千尋の神隠し」のあの…あれ…そう

あの曲

曲名は忘れた。

 

 

 

④River/Dorian

アルバムMidoriに収録されているチルいトラック。

 

⑤Forever/Noname

最近改めてハマっているNoname

 


Noname: Tiny Desk Concert

 

新時代のグルーヴ

Tiny Desk Concert見ててスゲェ楽しい。

 

Mystic Voyage/Roy Ayers

 

「DJのセットリストに1曲、Roy Ayersを入れると小洒落る」

というくそみたいな持論。

鉄琴とエレピのノリがスゲェいいし、

テンションが一定だから繋ぎやすかったりもする。

 

 

⑦Sunset Town(Dorian Remix)/Yogee New Wave

キックが気持ち良い。ヨギー普段聞かないけど

このトラックは去年の夏のベストループでした。

 

⑧D.R.U.G.S/ Rejjie Snow

好みのヒップホップの体温。

これをかけてる時に友達のゆーじ君が厨房から駆け寄って

「一個言っていい?俺レジースノウめっちゃ好きなんだよね。

それだけ伝えたかった。ごめんね」と言って厨房にサッと戻って行った。

かけて良かった。

 

⑨Eyes/SIMON

 

sad-vacation.hatenablog.com

 

 

 

⑩I wish/ORIGINAL LOVE

PSGの名曲「愛してます」のサンプリングソース。

終盤で絶対「愛してます」かける人がいると思ったので。

 

みんなでオリジナルラブをもっと聞こう。

 

11.道路灯/阿佐ヶ谷ロマンティクス

吉祥寺だったので、中央線のバンドをかけた。

普段聞かない系統ではあるのだけれど、

シンセメロが抜群に染みるので流しました。

 

 

12.Cheapest Flight/PREP

 

 


PREP - Cheapest Flight

 

 

去年の曲なんだけど、

「今までで一番いい曲だ」と誰かがツイートしていて

「ああ、なんかわかるわ」と思った。

全人類が好きなんじゃない?とも思う。

 

 

13.Really Check/Noname

 

14.Let Me Show You/Kero&Azure!

 

sad-vacation.hatenablog.com

 

15.出かけよう/Stillichimiya

 

「まだ見ぬ自分探しにゆこう」という歌詞があるのですが、

Stillichimiyaのあのノリで歌うとどこか純粋な説得力がある。

思わず月末に釣りの予定を入れてしまう1曲。

 

16.Natsu No Owari/Dorian

歌ってるの、一十三十一G.Rinaかは忘れました。

 

17.Low Shoulders/Toro y Moi

 


Toro y Moi - Low Shoulder

 

 

トコトンこのへんのシンセに弱い。

 

 

 

 

 

18.サマージャム/スチャダラパー

ハイおしまい

 

 

 

 

夢ならいいのに

 

 

 

FutureFunk好きとして観るべきとは思っていた「うる星やつら」。

ギークな稀間の店長が「ビューティフルドリーマー見た方がいいよ」と仰っていた。

そもそもテレビシリーズ見てなかったのでとりあえずそっちを見てから

ビューティフルドリーマーを見ることにした。

 とりあえず結論、超おもしろかった。

 

設定がまず最高。

文化祭の前日から時間が進まずに同じ1日を繰り返していることに

気づいた友引高校の面々がその原因を探っていく話。

 

誰しもが思う「今がずっと続けばいいのに」という気持ち。

文化祭前日なんて青春の最高潮である。

10代の熱いバイタリティーと少女の無垢な感情が

(リアル世代ではないけど)80年代の懐かしいシンセのサウンドと

色使いとで演出されていて、どうにも気持ちが荒ぶってしまう。

胸のどことも言えぬ箇所がモゾモゾして、

クツも履かずに駆け出してしまいそうになる。

その時に言うセリフはこうだ。

「あーんもう!!」

 

 

もしも遠い未来、世界が海の底に沈んで、

また新たなる文明が何千年とかけて栄えたとして、

その都市に住まうグレた若者が、海の底から浮かんできた

この「ビューティフルドリーマー」のディスクを拾い上げて

20世紀に確かに存在した極東の小さな島国が育んだアニメカルチャーと出会った時、

この「ビューティフルドリーマー」の世界に触れた時、

きっとそいつはこういうだろう。

 

「あーんもう!!」

 

名作とはそういうものだ。

 

 

 

 

面堂終太郎の元ネタがうる星やつらと知れて良かったです。

 

「何!?女バニが!?生徒会長をインターセプト!?場所は…!?」

 

「ピィロティイイイ…!!!」ってとこが好き。