読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サッドヴァケーション

 

『しあわせアフロ田中』で人生をチケットで

例えて話し合う回がある。

 

 

 

30歳田中は自分の人生を振り返る。

 

「1年生きるのに、チケットを1枚使うとする。

日本人の平均寿命は80歳…」

 

「今まででもう!30枚もチケット使ってしまったよ!」

 

 

それを聞いて村田と大沢は愕然とする。

 

「30枚も使ったのに⁉︎え⁉︎今こんな感じなの⁉︎俺たち⁉︎」

 

サドヴァケーションも愕然とした。

 「お、お、俺も20枚以上使ってるやんけ…」

 

ええと、とりあえず基本的な勉強に18枚使って、

大学で4枚使って、卒業して…あれ?今何歳だっけ?

 

チケットは着々と自動的に引き落としがあるわけで、

その間にどう生きるかはチケットとは関係ない。

最近の自動車保険みたいに「走った分だけ!」でチケットが

少しずつ引かれていくわけでもない。そう考えるととても恐ろしい。

 

悲しいことに今は仕事があまりない。

あまりないってどういうことか自分でもよくわからないが、

まぁ一応働いてるから死にやしないけど、時間があって

全然お金がないというありがちなジレンマに陥って

とりあえずはてなブログに登録しているわけです。

そういえば彼女もいない。

 二十数年生きてきて、今こんな感じ…。

うう〜ん、ど、どうなの?俺ってどうなの?

ガンダムで言うところのどの辺?

シャアザクとかガンダムとまでは言わないけど、

ゲルググくらいでもオッケー?

(誰に聞いているんだ…)

 

 

 

「人生チケット1枚交換で彼女できるけどどう?」

という取引を公務員に持ってこられたらどうしよう。

公務員「彼女は±5歳でランダムで決定されます。チケット1枚」

 

俺「ええ〜〜」

 

公務員「ちなみにチケット2枚で±2歳の美女の彼女ができます」

 

俺「1.5枚で和食が上手な彼女とかダメっすか?てかそもそもそれって日本人なのかな…ブルキナファソの方だったらどうしよう。まぁでも、逆にブログのネタになるなあ」

 

そんなガチャガチャ感覚の交際が功を制して

日本の少子化は解消。チケットの使い過ぎで平均寿命が下がるだろうね。

まぁマクロ経済も受講しましたからね!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まぁなんにせよ、ほらご覧よ。

トータス松本も「最後に笑えれば」と歌っているじゃないか。

最後にいい曲持ってくると後味良いブログになるなあ。