読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

AKIRA

 

 

AKIRAの事、ってまーすごい今更なんですけど。

2020年のオリンピック会場が東京に決定した時に、

Twitterで「AKIRAが予言していた!」って騒がれてましたね。

実際に82年に発売されたその漫画の中に

「2020年、東京オリンピックを控えたネオ東京」と書かれている。

ネオ東京になるかはさておいて。

 

AKIRAのコミックは高校生の頃初めて読んだ。

「お前はいいからこれを読め!」と友人がカバンからAKIRA全巻を

取り出して机の上にドサっと置かれた時、私は白目をむいてしまった。

AKIRAコミックは普通のジャンプコミックの4倍くらいある。

その存在感たるや。

1冊1キロはあるんじゃないだろうか。

持って帰りたくない気持ちでいっぱいだった。

 

結局しぶしぶ教科書を全部学校に置いて

カバンに全巻詰め込んで家で読んだ。

「うん、まぁなんかよくわからんけど、面白かった?よ?」

というのが当時の素直な感想だった。

 

 

そして時間が経ち、高校生の流行っていた「けいおん!」を

リアルタイムで見ずにベースを弾いていたあの17歳の自分では

想像もつかないようなアニメ豚に化した私は7年越しに

AKIRAと再会することになった。アニメで。(暇だったから)

 

 


Akira - motorbikes scene

 

結果:くそかっこよかった。

画が綺麗過ぎて膝から崩れ落ちた。

これが80年代のアニメというのが信じられない。

人の動きとかもすごいんだけど、

ネオ東京の街並みとか、バイクの疾走感とか、

2016年現在でも最高にクールだ。

テールライトが線を引いているシーンはGIFにしたいくらい良い。

 

 

 

さらにいうと、劇中の曲がいい。

 

 

ソウルみなぎる民族的な印象なのに、

ネオ東京の街並みになぜかベストマッチしている。

時代が進んでいるからこそ、原点への見直しがされているのだろうか。

ちなみに上はRemix、四つ打ちのキックが入っており、フリーダウンロードである。